産後の抜け毛に効果の高い育毛シャンプーの選び方

子供が生まれてから抜け毛が増えてしまう

出産後しばらくしてから髪の毛がごっそり抜けてしまった、という経験をした事がある人は少なくありません。これは、「産後脱毛症」と呼ばれる症状で、出産後の女性によく見られます。
ただでさえ、赤ちゃんとの新しい環境に慣れようと苦労をしているのに、抜け毛が増えてしまうと、よりストレスを溜めやすくなってしまいます。気になったら早めに対処してみましょう。

産後脱毛症の原因って?

子供を産んだ後に抜け毛が増えてしまう原因には、髪の毛の成長に必要な女性ホルモンの「エストロゲン」が関係しています。妊娠中はエストロゲンが多く分泌され、本来なら抜けるはずの髪の毛も頭皮に残ったままになります。しかし、子供が生まれるとエストロゲンの分泌が減少し、抜けずに残った髪の毛も抜けてしまうので、抜け毛の量が一時的に増加してしまうのです。

抜け毛が増えたらシャンプーを変えよう

抜け毛が増えるのは自然な事ではありますが、実際に増えた抜け毛を見るのは悲しいものです。産後脱毛症は病気ではないので、ホルモンバランスが整えば、自然に治るといわれています。
なるべく早く症状を抑えたいという場合には、普段使用しているシャンプーを変えてみましょう。市販のシャンプーには様々なタイプがあるので、今の自分に合った選び方をしましょう。

低刺激で頭皮に優しい育毛シャンプーが効果的

出産後の肌は敏感で、添加物が多いシャンプーは頭皮にダメージを与える事があります。そこでオススメなのが、育毛シャンプーです。
低刺激で頭皮に優しく、必要な油分まで落としてしまうのを防ぎます。また、血行を促進させたり、頭皮の乾燥を防いだりする効果もあるので、髪の毛が健康に育ちやすい頭皮環境を整える事ができます。

育毛シャンプーで健康的な髪の毛を育てよう

産後脱毛症による脱毛は、早めに対処をすれば症状の改善をすぐに実感する事ができます。普段使用するシャンプーの選び方に気をつけるだけでも、健康な髪の毛を育てるのに役立ちます。
抜け毛によるストレスは、より症状を悪化させてしまう原因にもなるので、育毛シャンプーを効果的に利用して、産後脱毛症を改善していきましょう。

PR⇒ブックメーカーとは

男性用育毛剤と女性用育毛剤の効果の違い

男性と女性の薄毛原因の違い

男性と女性の薄毛の原因は違うと言われています。男性の場合薄毛の形によって、遺伝や血行不良やストレスなど、様々な原因があります。
女性の場合も血行不良や、ストレスなどの原因もありますが、主に出産や加齢などによる女性ホルモンの乱れが
原因の場合が多いといわれています。
原因が違うため、男性用と女性用は成分が違うものという事になります。

男性用の育毛剤の働き

男性用には、主に抜け毛を促進するとされている男性ホルモンを抑える効果の有るものや、頭皮の
血行を良くする成分が主に多く含まれています。
特にフィナステリドという成分は、男性ホルモンによる薄毛、抜け毛を防ぐ働きがあるので、女性が使用しても効果がありません。また、頭皮のかゆみや炎症等の副作用を起こす場合があります。

女性用の育毛剤の働き

女性用は男性用と違い、アロエなどの保湿成分が含まれているものが多いので、頭皮への刺激が少なく、女性ホルモンと同じ働きをする成分などが含まれています。
女性用は主に、頭皮への栄養補給をして育毛し、フケ、かゆみを抑え、綺麗な髪の毛を発毛させる効果のものが多いという点で、男性用育毛剤とは違うものであるといえます。

男性と女性兼用の育毛剤

ストレスや血行不良といった男女共通の薄毛の原因がありますので、男女兼用の育毛剤ももちろんあります。
しかし、男性ホルモンと女性ホルモンが違う様に、すべての薄毛、抜け毛に効果がある万能なものではありません。
自分の薄毛は何が原因で、どの様な成分が効果的なのかを判断した上で育毛剤を選択する事が、とても重要だということを忘れてはいけません。

女性が男性用の育毛剤を使った場合の効果

男女での薄毛の原因が違うので、全く効果が無いとはいえませんが、男性は男性用、女性は女性用と別々に
使用した方がより効果があるといえます。
男性専用のものを使用した場合、成分や体質によっては頭皮の炎症などの副作用が出る事もあり、薄毛、
抜け毛対策の妨げになる恐れがあるからです。
自分の薄毛の原因を知り、自分の肌にあった育毛剤を使うことが重要です。

こちらもチェック≫≫小顔注射 おすすめ≪≪

産後の抜け毛が隠れる髪型とは

産後の抜け毛対策方法

出産後にはホルモンバランスの変化によって一時的に抜け毛が増えホルモンの状態が元に戻ることで通常の状態に戻りますが、環境の変化によって戻りにくい人もいます。
抜けてしまった髪を気にすることでストレスになって余計に抜けやすい状態になるのを防ぐためには、髪型を抜け毛が隠れるショートスタイルに変えることが必要です。

産後に髪が抜ける理由

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるため髪が抜けにくい状態になっています。
出産するとホルモンバランスは妊娠前の状態に戻ろうと変化するため、妊娠中に抜けるはずだったのにとどまっていた髪が一斉に抜け始めます。
そのため抜ける毛の量が一時的に増えますが余計に抜けているわけではなく、時間が経過すると本来の状態に戻ります。

抜け毛の量が戻らないこともある

多くの人は髪の量は出産前の状態に戻りますが、出産によって慣れない育児のストレスや疲れ、寝不足、栄養不足などが原因となって髪が抜けやすい状態のままになる人もいます。
育児をするために長い髪をゴムなどで強く結んでポニーテールなどにしてしまうと髪を引っ張ってしまい、頭皮に負担がかかって髪が抜けやすくなります。

抜け毛が隠れる髪型にする

長い髪は抜けた時に目につきやすくなります。
抜け毛を気にしすぎることがストレスとなると、さらに抜けてしまうこともあるため短い髪型のほうが向いています。
短くすることでふんわりとボリュームも出やすくなります。
薄くなった生え際を隠すためには前髪が多くなるようにカットし、分け目を変えられるようにすると気になる部分が隠しやすくなります。

抜け毛は気にしないこと

産後の抜け毛は特別なことではなく、誰でも起こる現象でいずれ元に戻るため気にしないことが髪のボリュームを回復させるためには大切です。
どうしても気になってしまう場合には専用のシャンプーや育毛剤を使うと安心することができ、マッサージしながら使えばリラックス効果も得られるため日頃のストレス解消にも効果的です。