産後の抜け毛が隠れる髪型とは

産後の抜け毛対策方法

出産後にはホルモンバランスの変化によって一時的に抜け毛が増えホルモンの状態が元に戻ることで通常の状態に戻りますが、環境の変化によって戻りにくい人もいます。
抜けてしまった髪を気にすることでストレスになって余計に抜けやすい状態になるのを防ぐためには、髪型を抜け毛が隠れるショートスタイルに変えることが必要です。

産後に髪が抜ける理由

妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えるため髪が抜けにくい状態になっています。
出産するとホルモンバランスは妊娠前の状態に戻ろうと変化するため、妊娠中に抜けるはずだったのにとどまっていた髪が一斉に抜け始めます。
そのため抜ける毛の量が一時的に増えますが余計に抜けているわけではなく、時間が経過すると本来の状態に戻ります。

抜け毛の量が戻らないこともある

多くの人は髪の量は出産前の状態に戻りますが、出産によって慣れない育児のストレスや疲れ、寝不足、栄養不足などが原因となって髪が抜けやすい状態のままになる人もいます。
育児をするために長い髪をゴムなどで強く結んでポニーテールなどにしてしまうと髪を引っ張ってしまい、頭皮に負担がかかって髪が抜けやすくなります。

抜け毛が隠れる髪型にする

長い髪は抜けた時に目につきやすくなります。
抜け毛を気にしすぎることがストレスとなると、さらに抜けてしまうこともあるため短い髪型のほうが向いています。
短くすることでふんわりとボリュームも出やすくなります。
薄くなった生え際を隠すためには前髪が多くなるようにカットし、分け目を変えられるようにすると気になる部分が隠しやすくなります。

抜け毛は気にしないこと

産後の抜け毛は特別なことではなく、誰でも起こる現象でいずれ元に戻るため気にしないことが髪のボリュームを回復させるためには大切です。
どうしても気になってしまう場合には専用のシャンプーや育毛剤を使うと安心することができ、マッサージしながら使えばリラックス効果も得られるため日頃のストレス解消にも効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ