男性用育毛剤と女性用育毛剤の効果の違い

男性と女性の薄毛原因の違い

男性と女性の薄毛の原因は違うと言われています。男性の場合薄毛の形によって、遺伝や血行不良やストレスなど、様々な原因があります。
女性の場合も血行不良や、ストレスなどの原因もありますが、主に出産や加齢などによる女性ホルモンの乱れが
原因の場合が多いといわれています。
原因が違うため、男性用と女性用は成分が違うものという事になります。

男性用の育毛剤の働き

男性用には、主に抜け毛を促進するとされている男性ホルモンを抑える効果の有るものや、頭皮の
血行を良くする成分が主に多く含まれています。
特にフィナステリドという成分は、男性ホルモンによる薄毛、抜け毛を防ぐ働きがあるので、女性が使用しても効果がありません。また、頭皮のかゆみや炎症等の副作用を起こす場合があります。

女性用の育毛剤の働き

女性用は男性用と違い、アロエなどの保湿成分が含まれているものが多いので、頭皮への刺激が少なく、女性ホルモンと同じ働きをする成分などが含まれています。
女性用は主に、頭皮への栄養補給をして育毛し、フケ、かゆみを抑え、綺麗な髪の毛を発毛させる効果のものが多いという点で、男性用育毛剤とは違うものであるといえます。

男性と女性兼用の育毛剤

ストレスや血行不良といった男女共通の薄毛の原因がありますので、男女兼用の育毛剤ももちろんあります。
しかし、男性ホルモンと女性ホルモンが違う様に、すべての薄毛、抜け毛に効果がある万能なものではありません。
自分の薄毛は何が原因で、どの様な成分が効果的なのかを判断した上で育毛剤を選択する事が、とても重要だということを忘れてはいけません。

女性が男性用の育毛剤を使った場合の効果

男女での薄毛の原因が違うので、全く効果が無いとはいえませんが、男性は男性用、女性は女性用と別々に
使用した方がより効果があるといえます。
男性専用のものを使用した場合、成分や体質によっては頭皮の炎症などの副作用が出る事もあり、薄毛、
抜け毛対策の妨げになる恐れがあるからです。
自分の薄毛の原因を知り、自分の肌にあった育毛剤を使うことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です